おすすめオーディオブック感想 ジャンル:ラノベ【乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です】

【PR】

おすすめオーディオブック感想 ジャンル:ラノベ【乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です】

乙女ゲーと聞くと女性キャラが主人公なイメージだけど、この作品は男主人公。

2022年にアニメ化されており、2期も制作が決まっているようです。

学園あり、戦闘あり、ロボットありと結構何でもありな設定で1周回って楽しめます。

そんな「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」の紹介、よかった点、いまいちな点を解説していくので気になる方は参考にしてください。

そーだ
そーだ

毎日車通勤中に、月に10冊以上聴いています

オーディオブックとは

オーディオブックとは主に書籍を朗読した「耳で聴く読書」のこと。最近話題になってますね

個人的には以下の点が気に入って1年以上使っています。

  • 通勤通学中に、家事をしながら聴ける
  • 本を置くスペースが不要
  • 音声のスピード調整ができる
  • 有名声優の出演が多数

読み放題プランがあるものも多いですよね。

おすすめアプリはAudible(オーディブル)audiobook.jpです。どちらも無料体験があるので興味のある方はお試しあれ!

乙女ゲーの世界はモブに厳しい世界ですってどんな本?

著者&ナレーター

著者:三嶋与夢(みしまよむ)
「わい」という名で2014年から小説家になろうのサイトに投稿。もぶセカの他にも「セブンス」、「俺は星間国家の悪徳領主!」などが書籍化されている。

ナレーター:優希知冴(ゆうきちさ)
大阪府出身、ケンユウオフィス所属。数多くの日本のアニメ、ゲームの担当をしており、他にも外国映画やアニメの吹替えも担当している。

あらすじ

貧乏男爵家の妾の子リオンはある日、前世の記憶を思い出す。

前世は横暴な妹の指示で興味のない乙女ゲーの攻略をし、クリア直後に階段から落ちてしんでしまった。そしてその乙女ゲーの世界は極度な女尊男卑の世界だった。

リオンはそんなクソゲーな世界でなんとか生き抜こうとゲームの知識を利用しロストアイテムを手に入れて学園へと入学する。

学園ではヒロインではなく他の女生徒がヒロインのいるべき位置にいる。気にはなるが自分ががなんとか目立たずに、まともな結婚相手を探そうと日々奔走するが否応なしにストーリーに関わっていくことになる。

配信巻・配信時間・配信予定

配信巻配信時間&配配信予定
1巻9時間43分
2巻2024年3月29日
3巻2024年6月28日
4巻2024年9月13日
5巻2024年11月15日
6巻2025年1月31日
7巻2025年3月28日
8巻2025年5月30日
9巻2025年8月1日
10巻2025年10月31日
11巻2026年1月26日
12巻2026年3月27日
そーだ
そーだ

1巻はアニメの5話まで!

主なキャラクター

リオン・フォウ・バルトファルト
貧乏男爵家の妾の三男。前世の記憶をもっており、この世界は前世で妹にプレイさせられていた乙女ゲーの世界。
極度の女尊男卑で(女性にとって)ご都合主義なため、その運命に抗うべくゲームの知識を利用しロストアイテムを手に入れる。
モブとしてひっそり生きる予定が根が優しいためストーリーに関わっていまう。
オリヴィア
ゲームの主人公で貴族学園に特待生として入学を認められた田舎の平民。
ゲームでは様々なイベントをこなし、攻略対象たちの中心にいたが、実際には攻略対象たちと面識もない。貴重な回復魔法の使い手で将来は聖女となる、はず。
アンジェリカ・ラファ・レッドグレイブ
王太子の婚約者で公爵令嬢。ゲームの中では悪役令嬢として存在している。
幼いころから王太子を支えるべく努力をし、王太子のことも愛している。曲がったことが大嫌いでマリエが王太子のそばにいることが王太子にとって良くないと再三注意しているが聞き入れてもらえない。
マリエ・フォウ・ラーファン
貧乏子爵令嬢。ゲームには登場しなかったがなぜかヒロインがいるはずのポジションに収まっている。
可愛らしい見た目と行動とは裏腹に何かを知っており、攻略対象全員と交際している。
マリエも前世の記憶をもっており・・・?
ユリウス・フォウ・ホルファート
ホルファート王国の王太子。ゲーム攻略対象のひとり。
王太子としてのプレッシャーを感じており、それに気づいてくれたマリエに心をよせる。以降、アンジェリカがどれだけ諫めても聞く耳をもたない。
ジルク・フィア・マーモリア
王太子の乳兄弟でゲームの攻略対象のひとり。
優し気な雰囲気で気配りもできるが、王太子に忠誠をささげており、王太子のためならば非常な手段にでることもある。
ブラッド・フォウ・フィールド
広大な領地を持つ辺境伯の跡取りでゲーム攻略対象にひとり。
頭がよく参謀タイプだが、本人は武力がないことをコンプレックスに思っている。魔法が得意なナルシスト。
クリス・フィア・アークライト
剣聖を父に持つ伯爵の跡取りでゲーム攻略対象のひとり。
本人も剣の腕に秀でており、努力もしている。接近戦の剣には優れているが遠距離戦が苦手。
グレッグ・フォウ・セバーグ
伯爵家の跡取りですでに冒険者として活躍しているゲーム攻略対象のひとり。
実戦経験のない貴族をバカにしており、クリスとよくケンカしている。

感想

よかった点

チェックポイント

・乙女ゲー世界への転生なのに男主人公なのは新鮮
・ざまぁがきもちいい
・世界観が適当なのがいい

乙女ゲー世界を題材にしたラノベはかなりあります。そのほとんどが女主人公で、悪役令嬢やらモブやらに転生したものが多い印象です。

本作品では主人公は男でしかもモブ。あまり見ない設定ですね。

しかも女尊男卑の世界観なのでかなりひどい扱いを受けます。前世でもなかなかひどい扱いでしたが転生後も前世の感覚があるが故理不尽に憤り。

その結果のマリエの取り巻き達に対してのざまぁが爽快で爽快で仕方がないのですが。

主人公はひねくれているので(根はやさしい)攻略対象たちへの辛口コメント一見(一聴?)の価値あり。

もう、いったれ!いったれ!!と応援してしまいました。

世界観も学園ものとおもいきや戦闘が近未来だったりするけれど、主人公も「世界観はゲームだから」と言い切ってしまいます。

中途半端につじつまを合わせようとするより、適当なんだと触れずに突っ走るほうがスッキリしますね。

いまいちな点

チェックポイント

・女尊男卑が極端すぎる
・配信間隔が長い

女尊男卑の世界というのは聴く前からわかっていたのですが、それにしても男性の扱いがひどすぎる点は気になりました。

人間としてどうなの!?という女性ばかり。悪役令嬢が一番人としてできていましたね。

アンジェリカが今後幸せになってくれることを応援したいと思います。

配信予定もかなり先まででていますが、2~3か月に1巻。面白いだけにもう少し早く配信してほしいなぁと思います。

間隔があいてしまうとどんなはなしだったか忘れてしまう部分もあるので。

まとめ

乙女ゲー世界への転生は今となってはかなりメジャーですが、その中でも少し変わった設定だと思います。

それ故おもしろかったし、何よりリオンの性格も相まってざまぁが爽快なのがいちばんのオススメポイントです。

オーディブルでは数多くのラノベが配信されているので次の配信を待っている間に他作品が配信されて・・・、と最近更新頻度もあがっていることから気づいたら次が配信されていたということもあります。

気になる方は無料体験から始めてみてはいかがでしょうか。

それではよいブックライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA