おすすめオーディオブック感想 ジャンル:ラノベ【リアデイルの大地にて】

おすすめオーディオブック感想 ジャンル:ラノベ【リアデイルの大地にて】

2010年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載をスタートし、10年以上たった2022年にアニメ化したリアデイルの大地にて。

2010年当時、読んでいた記憶があったのでAudibleでも聴いてみようと思い聴き始めました。

異世界もの、この作品はVRMMORPGですが、主人公は男性が多い印象です。リアデイルの大地にてにては珍しい女性主人公なのでよくあるなろう系作品とは少し毛色が変わった印象です。

ここでは本の紹介、よかった点、いまいちな点を解説していくので聴こうか気になっている方は参考にしてください。

そーだ
そーだ

車通勤で毎日、月10冊以上聴いているなかでおすすめなものを紹介しています!

オーディオブックとは

オーディオブックとは主に書籍を朗読した「耳で聴く読書」のこと。最近話題になってますね

個人的には以下の点が気に入って1年以上使っています。

  • 通勤通学中に、家事をしながら聴ける
  • 本を置くスペースが不要
  • 音声のスピード調整ができる
  • 有名声優の出演が多数

読み放題プランがあるものも多いですよね。

おすすめアプリはAudible(オーディブル)audiobook.jpです。どちらも無料体験があるので興味のある方はお試しあれ!

リアデイルの大地にてってどんな本?

¥354 (2022/09/22 03:29時点 | Amazon調べ)

2010年11月から小説になろうで連載開始。2011年12月に完結。

2022年1月からアニメ化され、その他小説化、漫画化もされている。

なお、アニメの内容は3巻までとなってる。Audibleでは7巻まででているのでアニメの続きが気になる方は聴いてみてはいかがでしょうか。

6巻まで聴けば大きな謎が解決するので是非に!!

作者&ナレーター

作者:Ceez(シズ)
小説家になろうで完結後、10年ほどたって書籍化、アニメ化の話をいただいて、当時を思い出しながら加筆修正したそう

ナレーター:小田切優衣
アニメで「キー」の声を担当した女性声優。2017年にデビューし、『異世界はスマートフォンとともに』や『神様に拾われた男』など出演多数。

あらすじ

事故によって生命維持装置なしに生きていくことができない身体になってしまった少女、「各務桂菜」はVRMMORPG「リアデイル」の中だけ自由になることができた。

そんなある日、彼女は生命維持装置の停止によって生命を失ってしまう。ふと目を覚ますとそこは自らがプレイしていた「リアデイル」の世界の・・・200年後だった。

彼女は自身のキャラクター、ハイエルフの「ケーナ」としてリアデイルに生きていくことを決める。そして、200年の間に何が起こったかを調べつつ、この世界に生きる人々や自身が作り出したNPCと交流を深めていく。

主なキャラクター

ケーナ
すべてのスキルを獲得したスキルマスターであり、限界突破者。「銀環の魔女」の二つ名をもつトッププレイヤー。「各務桂菜」の死後、転生したハイエルフ。とにかく強い。
スカルゴ
ケーナの養子で三兄弟の長兄。回復魔法特化の神職系エルフ。現在は大司祭の地位についており、母親至上主義。ネタスキル「オスカル」を巧みに使いこなす。
マイマイ
ケーナの養子で三兄弟の長女。攻撃魔法特化のエルフ。現在は宮廷魔術師を経て、王立学院の学院長をしている。お母さま大好きの甘えた。
カータツ
ケーナの養子で三兄弟の末っ子。建造物作成技能特化のドワーフ。名工と名高い。本人はスキルを使えるが、後世の職人を育てるためにスキルを使わずに船などを作っている。三兄弟の中で唯一の常識人。
キー
病気によって動けなくなった桂菜をサポートするために作られたゲーム内AI。

感想

よかった点

チェックポイント

・異世界ものでは珍しい女性主人公
・ケーナの強さがチートなので安心して聴ける
・異世界ものなのにほのぼのと進んでいく

この作品は小説家になろうの異世界ものの黎明期を支えた作品です。最近よくある異世界もののハラハラ感や爽快感はないものの、王道の展開となっています

異世界で冒険者になる主人公は男性キャラが多い印象ですが、この作品は女性主人公になります。ですから、男性とは違う面白さがあります。

そして、主人公ケーナはスキルマスターで限界突破者でゲーム内でもトッププレイヤーとなります。そのため、色々な事件がおこりますが、あっさりと解決していきます。

そーだ
そーだ

ケーナがどうやって解決するかを楽しむ作品です

なのでピンチらしいシーンはなく、ほのぼのと話が進んでいきます。異世界冒険者ものでは珍しいタイプですね。

いまいちな点

チェックポイント

・叫び声が多く、うるさい
・魔物の声があわない
・ケーナに好みがわかれる

ストーリー的にケーナのチートに登場キャラが驚くシーン、200年でかわたことにケーナが驚くシーンが多々あります。その際の叫び声が耳にきます。そしてその頻度も多い気がしますね。

そーだ
そーだ

イヤホンで聴く人が多いので声には配慮がほしいです

また、ナレーターが女性ということもあり、魔物のうなり声や叫び声が陳腐なものに聴こえます。これに関しては頻度は多いものではないのでたまに気になるくらいです。

そして、レビューでも見かけましたが、ケーナの言動に「どうなの??」と思う部分が度々見受けられます。

これは設定上、ケーナは17歳で命を落としており、精神的にも子どもだからというのもあるでしょう。

私は軽い気持ちでながら聴きをしているせいか、そこまで気になりませんでしたが、好みがわかれそうなので試しに聴いてみて無理だと思ったならばすぐやめるとよいでしょう。

そーだ
そーだ

ダメならすぐ次へと行けるのも聴き放題のよさです

まとめ

小説家になろうの異世界ものの初期の作品でもあり、アニメ化もした王道の作品です。

ハラハラドキドキの展開に飽きたときに聴くと耳安めにもなりちょうどよいかもしれません。

強敵と戦かったり、困難に立ち向かったりするものもおもしろいですが、少し毛色の変わったものも別のおもしろさがあります。

たまには違ったジャンルに挑戦してみるのもよいかもしれません。

Audibleではラノベ作品が多く、無料体験もあるので気になる方はぜひチェックしてください。

それではよいブックライフを!

¥1,188 (2022/09/22 03:28時点 | Amazon調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA